麹菌サプリ

麹菌酵素サプリおすすめ人気ランキング最新版

日本が誇る伝統発酵食品、その中でも健康・美容効果の高さが評価されているのが「麹」です。
お味噌・漬物といった大豆・米発酵食品に広く使われていますが、これを毎日の食生活の中にふんだんに取り入れていけば、体内の乳酸菌が活性化され、免疫力アップなどに効果が期待できます。ごく自然な形での減量ダイエット、美肌づくりにも有用です。

 

ところがそんな高い健康美容効果を認識しつつも、「あの独特の香りがきつい…」「甘酒っぽい味がどうしても無理」と感じてしまう現代人も多いもの。そんな場合でも麹の健康効果をあきらめず、麹菌酵素サプリを利用してみてはいかがでしょうか?

 

麹菌は、食品として状態を維持するのも少々難しいものなので、効果的・継続的に摂取するという意味でも、サプリメントがおすすめです。いくつも出回っている麹菌酵素サプリの中でも、おすすめ第1位はこうじ酵素。

 

生きたままサプリに閉じ込められた麹菌がお腹の中で花のように咲き広がり、善玉菌をどんどん増やしていってくれます。おなじみの野菜からとれた酵素も、ダブルでたっぷり配合されていますよ。

 

おすすめの麹菌酵素サプリ2位はベルタこうじ生酵素サプリ。
7種類の雑穀から抽出した、30種類の麹菌をベースに、スーパーフルーツ・スーパーフードを含む600種類以上の天然素材由来酵素を利用しています。話題の発酵エキス・コンブチャも入っているので、美容・健康にバランスのとれた麹菌サプリをお探しの女性に特におすすめです。

 

そして、麹菌酵素サプリおすすめ第3位はこうじ酵素BLACK。
麹菌に加えて、黒豆・黒米・黒松・黒ゴマ・黒かりん…という、酵素の働きを特にサポートする作用のある「ブラック5」食材を投入。代謝をどんどん上げて、いわゆる「でぶ菌」をブロックするので、食べても太りにくい体質づくりに高い効果があります。

 

伝統的なこうじ食品は美味しいけれど、毎日一定量を食べ続けるのはちょっと難しいものです。こうじ食品が大好きな方も、ちょっぴり苦手で辛いと言う方も、麹菌酵素サプリを利用して、健康的な自分を目指してみませんか?

 

 

麹菌酵素サプリおすすめ人気ランキング最新版

 

こうじ酵素


加熱を加えず生きた酵素をとれるのがこうじ酵素です
1日3粒で1000万個の麹菌がはいってます
七穀米を発酵させているからビタミンミネラルもたっぷりととれます
初回は300円

ベルタこうじ生酵素

ベルタこうじ生酵素サプリは7種の雑穀と30種のこうじ菌、622種の野菜・フルーツ、500億個の乳酸菌、コンブチャスーパーフードが入っています。
毎日のすっきりやびはだのためにどうぞ。
初回は500円

酵素+Wジンジャー+乳酸菌配合ダイエットサプリ『ラクスラ』

「ラクスラ」には、1回分で1兆650億個(ヨーグルト106個分)の乳酸菌や、快便を促す酵母菌、

代謝をアップさせるしょうが麹菌などが含まれており、女性のダイエットや美容に嬉しい成分が豊富に含まれています。
定期便初回は無料送料540円

やせ菌サプリくろしろ

くろしろは、ダイエット系の成分で需要のある酵素・麹・酵母に加えて主成分に活性炭を加え、さらにブラックジンジャーと10種類の乳酸菌を配合した痩せ菌を増やすダイエットサプリです!
10種類の乳酸菌がデブ菌を減らして痩せ菌を増やします。
定期便初回は500円

国産すっぽん100%使用『すっぽんスリム酵素』

すっぽんスリム酵素 すっぽんスリム酵素」は安心・安全の純国産の100%の高級すっぽんを使用

7穀米を麹菌で発酵したこうじの生酵素と5つの活性成分がキレイにスリムをサポートします。
定期便初回は無料送料540円のみ

6位

あまざけ美人酵素

ビタミンBとポリフェノールがたっぷりの甘酒と生きた酵素が ギュッと1粒になったあまざけ美人酵素で痩せて綺麗になりましょう! 甘酒を毎日続けるのが大変な方にもサプリで毎日手軽に続けられます! 1日3粒でたったの3.44kcal!甘酒のポリフェノールとビタミンEの7000倍の還元力で 溜め込みにくく朝からスッキリできます!初回限定980円で始められます

 

 

麹菌酵素サプリおすすめはこうじ酵素

米麹の持つ強い健康効果がもてはやされています。塩切こうじや甘酒を自家製で作る方も増えていますが、一方で「買い置きができない」「乾燥麹は扱いが難しい」…等の問題で、なかなかいつもの食生活に取り入れられない方も多くいらっしゃいますね。

 

こんな場合におすすめしたいのが、麹菌酵素サプリの利用です。水と一緒に摂取後、お腹の中で活性化して腸に届き、善玉菌の働きをサポートして、お通じをスッキリさせたり免疫力を高めたりすることを目的としたものです。常温保存できますから、扱いもとても簡単です。

 

麹菌酵素サプリは現在たくさんの製品が出回っているのですが、大人世代の女性…それも健康的なダイエットや美肌づくりを目指す方に特におすすめなのが、「こうじ酵素」というサプリメントです。

 

こうじ酵素は、日本人が伝統的になじんできた食材である大麦・粟・ひえ・キビ・タカキビ・紫黒米・米を基本材料としています。麹菌でこれらの七穀米を発酵させ、穀物が含む栄養ミネラル素をたっぷりキープした状態で活性化された酵素を利用しています。

 

普通のサプリは加熱処理をしてしまうため、肝心の麹菌まで死滅してしまうケースが多いのですが、このこうじ酵素は水分を徐々に抜いていくことで麹菌と酵素を休眠させ、その状態で錠剤の中に閉じ込めているので、まさに「生きた菌・生きた酵素」がお腹の中に届く、というわけです。

 

その酵素の量も、にんじんなら43本・きゅうり16本・大根まるまる1本分と、普段の食生活では絶対に到達できない量がふんだんに入っています。これだけの食材を一度に取るのはとても無理ですが、こうじ酵素なら一日分・たった3錠で摂取できてしまうので、普段の野菜不足のカバー対策も万全ですね。

 

良質の麹菌と酵素とをサプリで体内に取り込むことで、効率的に健康体質を目指すことができます。ストレスレスな生活、たっぷりの休養といったいつもの生活の見直しに加えて利用して、素敵な毎日を手に入れてみて下さい。

 



 

麹ダイエットの効果

麹といえば、昔から健康のために重宝されてきました。
そして、最近では健康だけではなく、麹の美容、特にダイエット効果が注目されています。

 

麹ダイエットなどの特集が雑誌や美容サイトで組まれることも多いので、麹にダイエット効果があることがご存知の方は多いかもしれません。
でも、いったい麹のどんな働きによって、ダイエット効果が期待できるのでしょうか。

 

麹菌には、アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼという3つの消化酵素が主な酵素として働いています。

 

まず、アミラーゼは、でんぷんを分解して糖に変える働きがあります。
このため、炭水化物の消化吸収をサポートしてくれます。

 

次に、リパーゼは、脂肪を分解する働きがあり、リパーゼによって脂肪をどんどん燃えやすい状態にして代謝機能をサポートしてくれます。

 

そして、プロテアーゼは、タンパク質をアミノ酸に変える働きがあります。
このため、プロテアーゼによって筋肉の生成がサポートされ、筋肉量を増やし、代謝機能を高めてくれます。

 

この3つの消化酵素のダイエットサポート効果によって、麹にはダイエット効果が期待できるんです。

 

そもそも、酵素は体の中で生成される成分です。
しかしながら、体内酵素は加齢とともに減少し、結果として代謝機能が低下してしまいます。

 

そこで、麹菌を体内に取り入れることによって、体内の消化酵素の数を増やすことができ、それによって代謝酵素の働きも活性かさせることになり、消化機能と代謝機能を高めることができます。
さらに、アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼという麹菌の消化酵素の働きによって、よりダイエット効果を得ることができるんです。

 

さらに麹には、酵素だけではなく豊富なビタミンBやナイアシンなどの美容成分も含まれています。
日本酒をつくっている職人さんの手は白くて美しいという話を耳にしたことがあると思いますが、これはまさに麹の働きによるものです。

 

ダイエット効果だけではなく、腸内環境を整えることができて、しかも美容効果も期待できる、そんな麹パワーによる麹ダイエット、これからますます流行っていくかもしれません。

豚の健康を改善し肉質も良くする麹菌

 

麹菌は味噌や焼酎の発酵に使われることで知られていますが、これを人が服用することで腸内環境を改善して健康増進の効果があることが知られています。
近年では人体だけでなく、豚に飼料として与えることでその腸内環境も改善して病気に強くさせる効果があることが判明しています。麹菌を飼料に混ぜて与えて育てられた豚は、健康になるだけでなく、その肉質も改善され、味が良い高級な肉として販売することが可能となっており、麹菌の更なる応用に期待がかかっています。

 

 

 

麹菌が漬物に利用されてきた理由とは

 

麹菌とは米や麦、大豆の発酵を助け、甘味や旨味を作ってくれるカビの一種です。しかもこの菌を使った食品は保存料などの添加物がなくても長期保存ができるので、古来より漬物を漬け込む時に使用されてきました。
カビというのは多くが毒素を放出しますが、この麹菌だけは毒素を放出するDNAが欠落しているため、そのいいところだけを利用できる人間にとってはありがたい細菌なのです。
しかも日本だけにしかいないので、日本人はこの麹菌のお陰で漬物だけでなく味噌や醤油も作ってきたので、その恩恵を最大限に受けていることになります。

 

 

 

麹菌の名前の名前の起源とは

 

麹菌は米・大豆・麦を発酵させるために必要な酵素としてアジア各地で使用されています。特に日本では古くから食卓を彩る醤油・味噌・日本酒を製造する技術として重宝されています。その製造の際に酵素を利用することが多かったため麹菌と名付けられました。学術名ではカトリックの聖水を振りかける道具であるアスペルギルムに似ていることからアスペルギルスと難しい命名がされていますが、日本名の起源はとても単純明快なわけです。

 

 

 

大学で行われている麹菌研究

 

麹菌は長年にわたり健康を促進する成分を豊富に含有し我々の暮らしの中に根付いていますが、学問としても長い歴史を誇っています。
麹菌は主に発酵学や有用微生物学で取り扱われており、大学の農学部はもちろんのことバイオテクノロジー関連の学科でも研究が行われています。
昨今では製薬メーカーや健康食品メーカー等との産学連携により麹菌を含有した食品やサプリメントをはじめ、医薬品や化粧品などさまざまなカテゴリで製品化され、より身近な存在となりました。

 

 

 

天然由来の麹菌の発酵食品はプロバイオティクスにも優れている

 

腸内環境はストレス・病気・加齢・食物などを原因として悪化の一途になりやすいですが、プロバイオティクスの働きにより腸内フローラのバランスを整えることができます。身近には天然由来の麹菌が存在しますが、それより発酵されて製造された食品類は腸内フローラに好影響を与えるべき存在としても知られています。
例えば酢・味噌・醤油などの食品が該当し、これらは人体に存在する善玉菌を活性化させることで、プロバイオティクスの働きがあるとされます。

 

 

 

麹菌で花粉症を治せるか

 

麹菌は花粉症の改善に効果があると期待されていますが、それは麹に含まれる様々な酵素の働きが、腸にいる善玉菌の働きをサポートするからです。善玉菌の働きが活性化することによって腸内環境が整い、体内の免疫システムが正常化されます。これによって花粉によるアレルギー反応が緩和される効果を期待できます。ただし、麹菌が直接花粉症に効くというわけではないので、即効性や劇的な改善とまではいきませんから、気休め程度のつもりで過度に期待せずに甘酒などを飲む習慣を取り入れるといいでしょう。

 

 

 

麹菌の活動制御に重要な水分活性とは

 

酒の醸造は、原料の品質管理と麹菌の育成技術を組み合わせることが要求され、現代でも科学的な指標で計算、ルーチン化することが困難な技術の一つです。
特に生物である麹菌の働きを制御することは重要で、この定量化のために酒造メーカーや研究者が努力を続けています。

 

近年の研究では、原料となる穀物の水分活性の制御が重要であることが明らかになりつつあります。水分活性とは穀物と結合はせず、その内部を比較的自由に動くことのできる水分のことで、これを適切な値に保つことで麹菌の働きをより性格に制御できるようになることが期待されています。

 

 

 

麹菌の持つグルコアミラーゼの作用

 

麹菌はその体内で200種類以上の酵素を生産しているといわれていますが、現代でもまだその全てが解明されているわけではありません。

 

グルコアミラーゼは研究が進んでいる酵素の代表的なもので、デンプンと水を反応させて、糖を生み出す性質を持っています。ただし、麹菌と米と水をただかき混ぜればこの酵素が生み出されるような簡単なものではなく、一定の条件を保ってやらないとこの酵素は生み出されないことが近年明らかとなっています。

 

その条件はまさに酒造りに必要とされる条件と一致しており、長年の経験で培われた醸造技術は、麹菌の代謝制御技術でもあったといえることが科学的観点から検証されつつあります。

 

 

 

麹菌の素を作るもやし屋ってなに

 

もやし屋って知っていますか。もやしというと食品のことを思い浮かべるかもしれませんが、実は麹菌の元になる種菌を専門的に作っている会社のことなのです。
美容や健康に良い効果があると人気が高まっている麹菌ですが、正体は一種のカビで作るためには独特の環境が必要になります。独自の技術で麹菌を増殖させるための種菌を作っている専門会社であるもやし屋は、今では日本でたったの数社しかなく、ほんの一握りの職人によってさせられています。

 

 

 

麹菌と乳酸菌で腸内環境を整える

 

麹菌と同じく発酵食品であるヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、非常に相性がいい存在です。ヨーグルトに麹菌を混ぜて食べれば、栄養を素早く消化してしっかりと吸収するだけでなく、腸内環境をよくしていくことができます。
麹菌も乳酸菌も共に善玉菌を増やす働きがあるので、腸を活発に活動させて新陳代謝をアップさせることができます。そして腸内環境が良くなれば、血液の流れが良くなり、痩せやすい体質になれたり美容効果があったりとよい影響がたくさん得ることができるでしょう。

 

 

 

米麹菌を活用すると米粉パンの製造が可能

 

パンは我々の食卓に毎日上るほどで大切な食物の一つでありますが、ふっくらとした形で製造する上では酵母の働きが欠かせません。酵母の正体はイースト菌と呼ばれるもので、それよって小麦を炭素ガスとアルコールに発酵することで、ガスによりパン生地が膨らんだ状態になります。
一方、麹菌は米・小麦に含まれるをでんぷん質をぶどう糖に分解させる性質を持っており、イースト菌と同じ酵母としての働きを担うこともできます。この米麹菌を製造にイースト菌代わりに用いる場合、米粉でできたパンを製造することが可能です。

 

 

 

麹菌の一種である紅麹の特徴

 

麹菌は酒や味噌の発酵に利用される有用菌です。紅麹はこの一種で、紅い色をした色素を生産する特徴があるためこの名で呼ばれます。
古くから中国や台湾で知られており、日本の麹菌同様、酒の発酵に利用されています。紹興酒の紅い色はこの菌によるものです。

 

服用することで腸内環境が改善されるので、漢方薬としても用いられてきました。
近年ではコレステロール濃度を下げる効果が確認され、アメリカでもコレステロール抑制剤として利用されるようになっています。

 

 

 

自作すれば麹菌を食べ放題

 

麹菌は健康にとてもいいと注目されており、麹を食べたり洗顔料として使ったりする人が増えています。麹は麹発酵器などがあれば自宅でもわりと簡単に自作することが可能です。専用の発酵器がない場合でも、ヨーグルト製造器やクーラーボックスなどでつくることもできます。自作した麹は冷蔵庫で保管すれば2週間くらいはもちますし、冷凍庫で凍らせて保管すれば2ヶ月くらいは保管することができ、それを少しずつ使っていけば購入するよりも経済的といえます。

 

 

 

麹菌が放射能から守ってくれる

 

広島大学の放射線医学研究所において実施された麹菌を含む「味噌の放射能障害に対する効果を調べた実験」では、マウスに味噌を混ぜたエサを与えたグループと一般的なエサを与えたグループに分けてX線を照射したところ、多くのマウスは皮膚や内臓の疾患が発症しましたが、最も死亡率が低かったのは味噌を混ぜたエサを与えたグループである事が分かりました。
また、マウスに放射性物質を投与してから味噌を混ぜたエサを与えると、放射性物質の排泄量が増加する事も分かりました。
これらの結果から、麹菌は放射能による健康被害リスクを低減する能力がある事が確認されています。

 

 

 

麹菌によるがんの治療と予防効果

 

がんは人間の遺伝子が変異して起こる病気ですが、これは特定の人にだけできるものではなく、若い健康な人でも毎日数千個程度の細胞に悪い変異が生じているといわれています。
それでも健康を保てるのは、NK細胞という免疫細胞が生じた直後のがん細胞が増殖する前に攻撃して消滅させてくれているからです。麹菌を服用すると、腸内環境が整えられてこのNK細胞を増やすことができ、がんの予防と治療に効果があるという調査結果があり、今後の応用に期待がかかっています。

 

 

 

毒性物質を出さない麹菌

 

麹菌は味噌や酒の発酵に利用される菌ですが、本来カビの一種です。
これ以外のほとんどのカビは穀物に付着して増殖する際、毒性物質を出すのが普通で、このためカビの生えた食品は食べられなくなりますが、麹菌は何故か人間に有害な物質は産出しません。

 

それでいて、穀物のデンプンやタンパク質を分解する作用は発揮してくれるので、これによって米自体にはない甘みを持つアミノ酸等の旨み成分を得ることができるのです。
麹菌は人間にとってきわめて都合の良い性質を持ったカビなのです。

 

 

 

麹菌アレルギーを持っている人の食生活

 

麹菌というものは、様々な料理に使われるように最近なってきました。今までは、使われていなかったような料理にも使われるようになったことで麹菌アレルギーを持っている食生活はとても大変なことになってきたのです。麹菌がとても良いものだという情報が出始めたあたりから知らないうちに料理になかに混入していることがよくあるようになってきました。知らないうちに入っているということは、料理を作っている人が麹アレルギー麹というものがあるということを理解していないのです。

 

 

 

クエン酸たっぷりの麹菌もある

 

麹菌にもいろいろな種類があるのですが、種類によって含まれている栄養素が違います。黒っぽい色をした黒麹菌には、たんぱく質を分解する力があります。たんぱく質が分解されると、酸っぱいような味になるのですが、その酸っぱさこそがクエン酸がたくさん作られている証拠です。黒麹菌は温かい九州で焼酎を作るときに使われたりします。クエン酸、つまりちょっと酸っぱい成分が発生することで、雑菌が発生するのを防いで、おいしい焼酎を作り出すことができるわけです。

 

 

 

フェルラ酸エステラーゼを持つ麹菌について。

 

麹菌にはいくつか種類がありますが、フェルラ酸を生成するフェルラ酸エステラーゼ
という酵素を作り出すものがいます。フェルラ酸はポリフェノールの一種であり、
抗酸化作用を持っていて、体には大変よいものです。

 

フェルラ酸エステラーゼは食物繊維からフェルラ酸を分離し取り出す働きをします。
通常は乳酸菌が持っていますが、麹菌の中で白麹菌はこの酵素を作りだすことができます。
この菌が発酵し作り出す焼酎には苦味やえぐみ、渋みなどがあり、独特の風味を
があります。

 

 

 

麹菌で酵素を補給してダイエット

 

麹菌には酵素がたっぷり含まれています。特に麹菌に含まれている酵素は、食事で摂った栄養素を消化して吸収するのを助ける働きや腸内環境を整える効果などがあり、新陳代謝をアップしていくことができるのでダイエット効果が期待できます。
その他にも麹菌はビタミン類やパントテン酸などを生成するので、ダイエット効果で体重を落としながらも、肌の調子もよくなるといった効果が期待できるので、きれいに痩せていくことができる優れた食材です。

 

 

 

ヨーグルティアで手軽に麹菌作り

 

ヨーグルティアは元々は牛乳と種菌を入れて発酵させてヨーグルトを生成するための家電製品ですが、その仕組みは家庭で手軽に麹菌を作る際にも利用できます。
2合程度の米を夏場は5時間程度、秋冬には10時間から2時間程度浸漬させてから1時間程度蒸し、麹の種菌をおよそ小さじ半分を加えて混ぜ合わせたものをヨーグルティアに入れます。
最後に温度を32度、タイマーを48時間に設定してスタートボタンを押し、タイマーがオフになれば自家製の麹菌が完成です。

 

 

 

麹菌の中のオリゼーとは?

 

麹菌はカビ菌の一種で学名をアスペルギルスといいます。しょうゆ、みそ、みりんなどの発酵食品を製造する時に使われている麹菌ですが、それらにはいくつかの種類があります。
その中の一つが黄麹菌で、アスペルギルス・オリゼーといわれるものです。この菌はでんぷんの分解力が強く、清酒やみそ、しょうゆなど日本の発酵食品には欠かせない存在となっています。その他に沖縄の泡盛を造る時に使われる黒麹や、九州地方で焼酎を造る時に使用されている白麹などがあります。

 

 

 

麹菌には善玉菌がたくさん

 

日本の食文化には麹菌をたくさんふくむ食品がたくさんあります。お酢や味噌や醤油あまざけなど昔から愛されてきた、

 

古来から健康に良いとされてきた発酵食品は体に負担をかけずに腸で吸収されていき、やさしく消化されます。

 

体内での消化酵素を無駄に可動しないのでよけいなエネルギーを使うことなく栄養を体に取り込めます。

 

腸や胃の善玉菌は発酵することで増えていき、腸内環境を整えて便秘解消や良いお通じも望むことができます。

 

 

 

塩麹と麹菌の関係・加熱はしない方かいい?

 

塩麹は米麹・水・塩を混ぜ合わせ、常温で発行させて作られる発酵調味料です。塩麹に野菜や魚、肉などを漬けておくと柔らかくなり、旨味や甘味が増してより美味しくなります。これらの旨味や甘味は、麹に含まれている麹菌の働きによるものです。その他にも塩麹にはビタミンB群など健康や美容に役立つ様々な栄養素が含まれています。
麹に含まれる酵素は熱に弱く、高温で加熱すると死滅してしまいます。そこで、塩麹の漬物など、加熱せずに食べる方がより酵素の効果が得られますが、例え酵素が死んでしまっても酵素が作り出した栄養素は変わらずに摂取することができます。

 

 

 

外国にはない日本特有の麹菌

 

健康効果が高いと人気になっている麹菌ですが、実は日本固有のカビ菌で外国ではほとんど使われていません。麹菌は米やしょうゆなど日本独自の食材にもたくさん使われているもので、国の大切な国菌としても認められています。
また麹菌の元になる種菌を作っている専門会社も日本に数社しかなく、増やしていくためにはとても貴重な技術が必要になります。
外国人にはあまりなじみのないものですが、日本人にとってはなくてはならないものなのです。

 

 

 

麹菌で行う日々のスキンケア

 

麹菌にはシミの原因になる物質の働きを弱めたり、他の物質と合成し活性化してしまう事を予防させられる働きがあるので、日頃からスキンケアに採用しているとシミが無い透明感がある肌になれます。
また、既に麹菌が含有されて製品化されている品もありますが、様々な物に混ぜ合わせられるように麹のみが販売されている場合もあるので、既に使用している洗顔フォームや化粧水などで麹菌の恩恵を受ける事もできます。
特に、洗顔フォームに混ぜ合わせるといつも通り洗顔しているだけでスキンケアになり、洗い上げりもしっとりとします。

 

 

 

麹菌たっぷりの甘酒の作り方

 

麹菌がたっぷり含まれた甘酒の作り方は、ちょっと手間がかかったり温度管理が難しかったりもしますが、スーパーなどで売っている甘酒よりも酵素がたくさん含まれている物を作ることができます。
用意するものは乾燥米麹ともち米か潤米のどちらか、そしてお水です。
最初はお米を研いで鍋に火をかけて、沸騰したら弱火で10分ほど焦げないように気を付けながら煮ていきます。
10分経ったら冷ますために水を加え、乾燥米麹をほぐして入れていきます。あとは鍋を保温して3時間以上たったら完成です。

 

 

 

味噌や醤油と麹菌の関係

 

醤油や味噌を作るのに麹菌の存在は欠かせません。麹菌は大豆や麦、米などの
穀物の中で増殖し、でんぷんやたんぱく質をたくさんの酵素を出して分解し発酵させ、
熟成して味噌や醤油に変えていくのです。

 

味噌や醤油にはうまみの元となるアミノ酸がたくさん含まれており、味がとても
まろやかです。麹菌にはいくつかの種類があって、使われるものによって風味や
味にかなりの違いがあります。よいものを作るのには、よい菌を選ばなくてはなりません。

 

 

 

麹菌が発見された歴史

 

醤油や味噌、酒の醸造に不可欠な麹菌の発見については諸説あり、どこで最初に見つけられたかという明確な証拠はありません。
ただ、日本の歴史書で麹菌で酒を造ったと思われる記述があるのは8世紀のことになり、実際の発見と利用法の発見はこれより前であったことが推測されます。

 

室町時代の頃になると、麹菌の胞子を集めて使いやすくした粉状のものが商品として売られていた記録があり、菌を利用することが技術として定着していたことが伺えます。その後は微生物学の進展と合わせてその生態が明らかにされ、現在に至ります。

 

 

 

麹菌と豆乳でおいしく飲める

 

大豆イソフラボンとか栄養たっぷりの豆乳に、麹菌を混ぜて飲めば美肌効果がされにアップされます。豆乳はもともとそれだけでもアンチエイジングとか代謝をよくしてくれる効果があるといわれているけれど、麹菌に含まれている酵素も腸内環境を整えてくれたり、善玉菌を増やしてくれる効果も期待できるから、毒素や老廃物をしっかりと身体の外に排出すのを手助けしてくれます。
つまり豆乳と酷似菌が合わさると、さらに美容効果が高くなるわけです。

 

 

 

麹菌を培養する際に気を付けること

 

麹菌を料理に使っているときに自分で培養をして増やせば経済的になるのではないのかという風に考えたことがある人はかなりいるのではないでしょうか。そう考える理由は、価格が高額であることと麹菌という名前からも分かるように菌なので培養することが出来るのではないのかと考えるのではないでしょうか。結論を言いますと麹菌の培養というものは、温度管理がしっかりとできれば簡単に行うことが出来ます。逆に言うと温度管理が出来なければただの菌を増やすことになります。

 

 

 

麹菌とみかんの関係性

 

お味噌の製造に使用されている麹菌はアスペルギルス・オリゼと言います。この菌は餅やみかんなどに多く、カビの仲間でこのアスペルギルス属は家庭で見つかるカビの中ではかなり多い部類になります。これらの食品に発生したカビでも味噌味噌のようなものが出来ると思われます。ですが違う食品でできた他のアスペルギルス属の場合は注意する必要があります。このアスペルギルス属の大半がカビ毒を生み出します。ピーナッツ等で有名なアフラトキシンを産生するのはアスペルギルス・フラバスでこれもかなりの知名度があります。

 

 

 

麹菌は美肌効果抜群

 

麹菌には優れた美肌効果があることが知られています。麹に含まれる麹酸がチロシナーゼの活性や合成を抑えたり、メラニンの生成を抑えたりするために、シミなどができにくくなりお肌が綺麗に保たれるとされます。また、甘酒に含まれる甘麹にはビタミンB群が豊富で、肌のハリや潤いをキープするのを助けてくれます。麹は手や顔などに直接つけてもいいですし、食べることでも効果があります。まさに体の外側からも内側からもサポートしてくれる素晴らしい美容アイテムといえます。

 

 

 

麹菌の作用による美肌効果

 

日本酒を酒造している方々は寒さが厳しい冬でも素手で冷水に触れて作業に従事しているのにも関わらず、手荒れに悩まされるどころかこぞって美肌であるという点に着目され見出されたのが麹菌の作用です。
麹菌というのは米を蒸した上で麹カビを振り掛けた物を指しますが、米を麹にした際には米の状態の時には存在しなかった成分が、およそ400種類も生み出されます。
そうした有効成分により過酷な環境でも美肌で居られるという事実が判明し、麹菌を用いた美肌ケアアイテムが豊富になっています。

 

 

 

麹菌はどこで購入できるの?

 

近年ブームの麹を自宅で作ってみたいという方もいるのではないでしょうか?麹には、米麹や麦麹、豆麹などいろいろな種類がありますが、いずれを作るのにも必要となるのが、麹菌になります。ですが、麹菌を普通のスーパーで見かけることはほとんどありません。種麹屋という専門のお店が培養して販売しているからです。ですから、麹を自宅で作ってみたい方は、種麹屋にて麹菌を購入しましょう。種麹屋は日本全国でもそれほど多くのお店がある訳ではありませんが、ほとんどの種麹屋で通販を行っていますので、通販を利用して購入するのがおすすめです。

 

 

 

意外と身近にある麹菌の働き

 

麹菌はカビの一種で、味噌や醤油、酒の原料になる私たちの生活にとって有用な菌のひとつです。麹には30種類以上の酵素が含まれていて、それぞれの酵素には人の身体にとって有用な様々な働きがあります。
麹に含まれる酵素にはでんぷんを甘みのもとになるブドウ糖に分解するアミラーゼやたんぱく質を旨みのもとになるアミノ酸に分解するプロテアーゼなどがあり、栄養成分を消化・吸収しやすくします。麹菌を使った甘酒はこの働きを利用したもので、麹がお米(お粥状にしたもの)のでんぷんを分解して甘みを作り出しています。また、料理の際にお肉に麹を塗付けておいたものを使うとお肉が柔らかく美味しくなるのも酵素のおかげです。

 

 

 

味噌作りに欠かせない麹菌

 

味噌は日本を代表する発酵食品の一つですが、上手に発行させるためには麹菌が欠かせないからです。麹菌は味噌の原料である大豆のでんぷんを糖分に変えて、たんぱく質を分解する働きがあります。分解されたたんぱく質は、味噌作りに欠かせない微生物のエサになり、おいしい味噌へと変化させていきます。
温度などいろいろな条件はありますが、麹菌がなくてはおいしい味噌は造れないのです。
手作り味噌作りをするときなどは、温度管理はしっかりとしましょう。

 

 

 

麹菌は皮膚をキレイにしてくれる

 

日本は昔から発酵食品を日頃から口にする習慣があります。栄養価が高く甘酒は飲む点滴とさえ呼ばれています。

 

麹菌は酵素や食物繊維を多く含み、胃や腸で消化助ける効果もあるので便秘対策にもなります。

 

麹は皮膚に良いとも言われています。麹はメラ二ンを色素生産を抑える効果があるので美容用品に使われています。

 

なので「麹を扱う仕事をしている人は皮膚が綺麗だ」と言われ、石鹸や化粧水なども多く加工されて販売されております。

 

 

 

麹菌は自然界に存在する有用なカビの一種

 

麹菌は様々な発酵食品を作るのに使われていますが、人間が工学で作り出したものではなく、昔から自然界に存在してきたカビの一種です。
麹菌が属するカビの集団は、ほとんどがカビ毒を出しますが、麹菌だけは例外的に人体の毒になる物質を作らない特徴があります。
たんぱく質を分解する酵素とでんぷんを分解する酵素の2種を持っており、これが米や麦を分解することで味噌や酒にある甘み、旨みを作り出してくれるため、日本人の食生活には古くから欠かせない菌となっています。

 

 

 

お米と麹菌から作られるマッコリ

 

マッコリはお米から作られた朝鮮半島の伝統的なお酒です。
アルコール度数は七パーセント前後で、同じようにお米から作られる日本酒などよりも度数は低めとなっています。
マッコリは麹菌の働きで主原料であるお米が糖化されて強い甘みがあるのが特徴です。
麹菌による甘みだけではなく乳酸菌によるわずかな酸味と炭酸発砲があり、独特のうまみをかもしています。
発酵食品の一種であるマッコリはビタミン類やタンパク質が多く含まれ、美容と健康にもいいとされています。

 

 

 

遺伝子組み換え麹菌の活用

 

麹菌は毒を出さず、細胞内で生成したタンパク質を体外に大量に放出するという性質を持っているため、麹菌が生成するたんぱく質の遺伝子を組み換えることで、目的とするたんぱく質を大量に作らせることができます。

 

麹菌は醤油や酒の発酵醸造に利用されてきた経緯があり、その培養技術は長年の蓄積があるため、遺伝子さえ組み換えできれば、その後量産ベースに乗せやすいという利点も持っているため、常に新たな利用方法の研究が続けられています。

 

 

 

麹菌が殺菌される条件

 

麹菌は0℃〜40℃くらいの環境で、酸素があれば生息できますが、これらの条件が崩れると死滅してしまいます。
麹菌の発酵作用を利用した食品作りをする場合は、誤って殺菌してしまう条件とならないよう注意しなくてはなりません。

 

ただし甘酒など発酵温度を50℃以上にして作られる食品もあります。この場合は生きた菌ではなく、この温度に達する前に増殖した麹菌が持っていた発酵作用を持つ酵素を働かせ続けることで発酵を継続させているのです。酵素は60℃を以下なら壊れないため、このような利用方法も可能なのです。